So-net無料ブログ作成
検索選択

Yoshimoto Live Stand 2010の屋台 [食べ物]

去年もYoshimoto LIve Standに行ったのだが、今年もまた幕張くんだりまで、Yoshimoto Live Standを見に行ってきた。なにしろすべて立ち見席のため、疲れること疲れること。休みながら見ないと足が耐えられない。でも、次々にお笑い芸人が出てくるので、なかなか楽しめる。

会場内の屋台も充実している。

まずは、東京ではなかなか食せない、イカ焼き。イカしか入っていないお好み焼きと言ったところだ。親戚が大阪は谷町九丁目近くにあったので、ずいぶんと昔になるが、近鉄百貨店でイカ焼きを買って食べさせてもらった思い出があり、懐かしい。お腹が減っていたせいもあり、一瞬でなくなってしまった。

24 0 23 17.jpg

23 23 58 00.jpg

続いて行ったのは、きむら庵。先ほどまで長蛇の列だったような気がしたが、この瞬間だけ人がいなかった。ふてぶてしい、いつもの顔で「お口に合いますでしょうか?」の看板。

24 0 00 21.jpg

購入したのは、塩焼きそば。ネギがたっぷり、焼きそばとしては相当変わった味。塩カルビ味というのが一番近いかも。

23 23 58 44.jpg

今度は、キムカツのサンドイッチを調達。今までキムカツ食いに行きたいと思いながら、あまりにも人気らしいので、並ぶの嫌だという気持ちが勝って、今まで食したことなし。

24 0 00 37.jpg

バスを模した箱に入っている。ぶたさんがかわいい。

23 23 59 27.jpg

カツサンドイッチは、肉がやわらかくて、ぺろりと食べてしまうことができる軽さだった。

23 23 59 40.jpg

最後はよしもとコラボパンの4個500円を購入。

24 0 00 48.jpg

好きなものを4個選ぶのだ。まずはメロンパンが好きなので、ミルクティーメロンパンをチョイス。(ミルククラウンって誰や?)

24 0 01 13.jpg

中にクリームが入っていて、まずまず。

2つ目は、ダブルチョコパン。ジャルジャルとのコラボだ。こちらはチョコチョコしていて、ちと甘すぎ。

23 23 58 15.jpg

フルーツクリーム&ホイップは連れが食したので、どんな感じかはわからず。

24 0 01 28.jpg

最後は、もち&チョコクリーム by はんにゃ。(金田のせいで、ボケが強すぎた)

この季節、パンを冷蔵庫で冷やしたら、もちが固くなってしまった。

24 0 02 05.jpg

食べ物のみならず、ライブを楽しみ、へとへとになったもののいいひと時だった。

 

 

 


nice!(32)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

玉英堂彦九郎のとらやき [食べ物]

うちの会社の役員の1人が、人形町の「たまひでどう」のどらやきがうまい、と言っていたので確認に行ってみた。

人形町甘酒横丁の角にその店はある。 正式な店名は「玉英堂彦九郎」。近くに親子丼であまりにも有名な「たまひで」があるので、ひょっとすると関連があるのかと思ったら、その正しい呼び名は「ぎょくえいどうひこくろう」。

100613 0001.jpg

勤王思想家で、幕末の志士たちに大きな影響を与えた人物に、寛政の三奇傑のひとりといわれる高山彦九郎がいて、彼が酒を飲んでいたのが「玉英堂」という茶屋であったようです。昭和29年に東京に移ってきたとのこと。これが分かったのは後になってからなのだが、そういえば何で「水無月」を売っているのだろう、と思っていたのだが、元は京都なら、理解できる。

さて、どらやきだが、正式名称は「とらやき」、漢字では、「虎屋喜」(正しくは七3個)。

包装されている様は普通のどら焼きと比べて、回りの焼き具合がやや薄いよう。

100613 0015.jpg

包装をといてみると、包装紙のせいで焼き目がはがれ、虎っぽくなった。

100613 0016.jpg

焼き目が薄いので、普通のどら焼きよりフワフワした食感。餡子も甘さ控えめで、どら焼きは「うさぎ」が一番かと思っていたが、こちらの「とらやき」も美味でございました。


より大きな地図玉英堂彦九朗 を表示


nice!(20)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京洋菓子倶楽部のモンブラン [食べ物]

女性の役員の方が朝10時からの役員会議の時に、たまに買ってきてくれる東京洋菓子倶楽部のモンブラン。開店が10時で、会議も10時からなので、本来間に合わないのだが、まだ閉まっている店のドアを叩いて、無理やり売ってもらっているらしい。

そんなわけで、何度か食べたことがあるのだが自分で買ったことがなかったし、店に行ってみたこともなかったので、一度行ってみることにした。

場所は都営新宿線浜町駅からすぐ。

店の前にある街灯が印象的。

100529 0018.jpg

100529 0019.jpg

ここはなにしろモンブランが売り。人気No.2はシューとのことで、モンブランとシューのツートップを買って帰った。

モンブランと言えば、マロンペーストが糸のようにまとわりついているのが一般的だが、ここのモンブランのマロンペーストはツルンとしている。

100529 0022.jpg

中にはクリームがぎっしり。この写真を撮ってみて初めて気がついたが、土台はロールケーキだった。

100529 0023.jpg

中のクリームは、「バニラビーンズを贅沢に使用したカスタードクリームと生クリームを1:1で合わせたもの。隠し味として生クリームから作ったリキュールを加えて、芳醇な香 りもプラス。」とのこと。実に軽い感じなのだが、美味しい

マロンペーストも甘さ控えめで滑らか。オリゴ糖が入っているらしい。

また土台のロールケーキは、バター不使用。グレープシードオイルを使っているから、コレステロールゼロだって。

シューのほうは皮にアーモンドが散りばめられていて、香ばしい。

100530 0015.jpg

中のクリームは、やはりカスタードと生クリームを合わせたもので、同じく軽いが濃厚なお味。

100530 0014.jpg

普通のモンブランは作ったことがあるが、マロンペーストを搾り出して、生クリームの山にふりかけていけばいいのだが、こんな綺麗に山上に仕上げるのはどうやっているんだろう。熟練の技なのかな。

 

 


より大きな地図で 東京洋菓子倶楽部 を表示


nice!(38)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アトリエ・ド・マヌビッシュのパン [食べ物]

珈琲庵に行った後、どこの駅に向かうのかも決めずにぶらぶら帰路についていた。そこでたまたま見つけたパン屋さん。

よ、読めねえ。後で聞いたらアトリエ・ド・マヌビッシュと読むらしい。

food 0014.jpg

しかし、お客さんもたくさん入っているので、我々も買って買えることにした。

food 0015.jpg

パンと少々お高いお惣菜が並んでいる。我々は、バケットとパン・ド・ミを買って帰った。

food 0022.jpg

せっかくなので、アサリ、鱈、ホワイトアスパラ、トマトのアクアパッツアを作って、バケットいただいた。

food 0019.jpg

food 0016.jpg

どこでも外の皮はパリとしていても、中がやけにモチモチなのが多い中、ここアトリエ・ド・マヌビッシュのバケットはそこまでモチモチではなく、程よい感じだ。パンの味もよろしい。

次の日の朝にいただいたパン・ド・ミは、今までの中でも上位に位置する美味さだ。すばらしい。(朝はボケてるので、写真撮るの忘れた)

また買いに行きたいな。


より大きな地図で アトリエ・ド・マヌビッシュ を表示


nice!(41)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

五反田フランクリンアベニューのハンバーガー [食べ物]

かつては身近であったが、職場が変わったため縁遠くなり、5年近く前ご無沙汰していた場所が五反田のフランクリンアベニュー。どうにも美味いハンバーガーが食べたくなり、久々に行ってみた。

五反田駅から品川方面に進み、住宅街の中に入ったところにフランクリンアベニューがある。かなり普通の家っぽい。外には行列。20人ばかり並んでいる。とはいえ、待つのは面倒だからといっても、他にめぼしい店が近くにわるわけでもなく、あきらめて行列の一員と化す。

画像 147.jpg

画像 139.jpg

画像 143.jpg

画像 141.jpg

やっと中に入れたが、すぐに着席とはいかず。厨房を覗くとさすが忙しそう。

画像 148.jpg

テーブルは割りとゆったりと配置されている。ここら当たりは昔と変わっていないよう。

画像 150.jpg

さて、私はアボガドバーガー、連れはFRANK'sバーガー、プラス、オニオンリング、飲み物はトマトジュース。ただし私はアイスなし、連れはアイス入りだ。

まずはトマトジュース。普通のトマトジュースだ。

画像 140.jpg

次にやってきたのはオニオンリング。あれ、普通のオニオンリングだ。前にブログに書いた時は、オニオンリングは不思議なものだったはずなのだが...

画像 154.jpg

FRANK'Sバーガーとアボガドバーガーがやってきた。FRANK'Sバーガーはアスパラガスいりだ。

画像 145.jpg

画像 153.jpg

お味の方は、どちらも美味しんだが、なんだかかつてはもっと美味しかったような気がする。

考えてみれば、かつてこういうハンバーガー屋は珍しかったが、いまやあちこちに存在している。だから相対的に地位がさがったのかな。 

それにしても、飲み物がめちゃくちゃ高い。

 


nice!(62)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

八重洲で美味い魚ランチ:玄海灘 [食べ物]

前から気になっていた店。八重洲にある「玄海灘」だ。「玄界灘」じゃない。どこかのサイトでランチの魚が美味いと書いてあって、オフィスが近いので一度行ってみたいと思っていた店だ。ただ、昼時に知らない店に行くには、時間的余裕が欲しいのだが、なかなか余裕が出来ず、ちゃちゃっと食べて帰ってくるのが精一杯。新規開拓が出来ずにいた。

やっと今週木曜日、ちょっと余裕がありそうだったので、思い切って新規開拓に行ってみた。

店があると思しき場所には、お昼のメニューが書いた小さな看板のみ。その他に店名を示す看板すら見当たらない。場所はビルの地下1階。そこに店があるのを知らなければとても行ってみようとは思わない感じだ。

階段を下りて、扉を開けると、20数名ぐらい入れそうなスペースの居酒屋のよう。日本酒が並ぶ。ほぼ満席だが、カウンターの端の席だけ空いており、無事入れた。

メニューは大鯵の開き定食、鯖の開き定食、お刺身定食、あら煮定食、鯛茶定食。鯵の開きが好物なので、大鯵の開き定食を注文

1270123980.083917.jpg

結構な時間、待ってやっと運ばれてきた。さすが、鯵がでかい!しかも肉厚。

この鯵ははっきりいってい美味い。塩加減も申し分ない。ご飯、鯵、味噌汁、香の物だけなのだが、いやーお腹一杯になった。

1270129143.662445.jpg

野菜不足の感もあるが、美味い魚を食うということを目的としたランチ、と考えれば、この近辺ではベストなんじゃなかろうか。

しかも、鯖の開きを食べている人がいたが、こちらも気になる。鯛茶も頼んで見たくなった。

また行ってみたい。

 

 


nice!(34)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

これが桜餅だ!たねやの桜餅(&草餅) [食べ物]

桜の季節になるといつも桜餅でもめる。京都出身の小生にとって桜餅と言えば、大福のように餡を包んだもの。ところが連れはクレープのようなものが桜餅だと言い張る。季節の行事みたいなもの。

今回は、池袋西武B1にある「たねや」にて桜餅と草餅を購入。「たねや」の本社は滋賀県にあるので、当然クレープ風ではなく王道の桜餅を販売している。ちなみに「たねや」のグループ会社に「クラブハリエ」があり、こちらはバームクーヘンを売っていて、こちらもお薦め。

桜餅の方は、中が桜餡だった。塩漬けの桜の葉がしょっぱく、餡の甘さといいコントラスト。草餅は別添のきな粉をたっぷりつけて食す。こちらも餡の甘さは控えめで、いずれも美味しい。「たねや」は美味しいわりに、リーゾナブルな価格付けになっているようで、満足感高し。

100_3692.JPG

花見はまだだが、一足お先に春を味わった。


より大きな地図池袋西武 を表示


nice!(64)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山梨いちご狩りと温泉 [食べ物]

この連休中に、山梨へイチゴ狩り&温泉日帰りツアーに行ってみた。JR EASTのツアーで、本当は成田ゆめ牧場&いちご狩りのツアーに行きたかったのだが、複数の希望日ですら空きがなく、やむなく山梨となった。

新宿から中央線で一本。山梨市で下車すると、迎えの車でいちご狩りの現場へ。車で5分少々なのだが、途中、グングン上っていき、小高い山の上へ。

100_3655.JPG

いちご狩り30分のスタート。

100_3654.JPG

今まで行ったいちご狩りより、全般的にやや小ぶりで、すごく甘酸っぱくて美味しいのと、そうでもないのと、当たり外れがやや多いような気がした。やはり久能山が一番かな。成東も捨てがたいが。

とは言いつつ、もう食えないというレベルまでいちごを食べ続けた後、温泉へ。赤松のぷくぷく温泉だ。

露天風呂からは見える富士山が薄っすらと見える、すばらしい眺め。

一息ついた後は、昼食。山梨定番のほうとうだ。

100_3656.JPG

100_3658.JPG

ほうとうがいい感じに煮えるのに、10分ほどかかった。なかなか煮えないものなんだなあ。

この後、近くの笛吹川フルーツ公園をぶらぶら。梅が咲いていた。

100_3663.JPG

この笛吹川フルーツ公園には不思議な建物がある。トロピカル温室と、フルーツ工房という建物だ。

100_3664.JPG

100_3665.JPG

そうとう広い敷地内に子供の遊び場などが多く点在しており、かつ人はまばらなので、空いていていい。

お土産に、連れはこれまた定番の信玄餅を買いたそうにしているところ、「はなまるマーケット」で紹介されたという文字につられて、「信玄桃」にしてみた。まさに桃が入っていそうな箱。

100_3678.JPG

桃のようなあざかな色で、かわいらしい。6個入りだ。

100_3679.JPG

100_3682.JPG

一口ほおばれば、口の中に桃の香りと甘さがただよう。のんびりゆったり、心とお腹が満足した一日であった。

 


nice!(50)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

時代遅れじゃないオールドファッション・ドーナッツ [食べ物]

我々はミスタードーナツが大好き。引越しする際に、最寄り駅の近くにミスタードーナツがあるかどうかが重要なファクターの1つ。

ミスタードーナツのドーナツの中でも、私の一押しはオールドファッション。外側のサクッとした食感がたまらない。

オールドファッションは、「Old Fashion」、つまり流行遅れという意味だが、古くても良きものはある。このドーナツがその1つだと思う。

ちなみにアメリカのドーナツ屋でもOld Fashionは売っている。売っているドーナツはたいてい甘ったるくて口がひん曲がりそうだが、Old Fashionだけはまともだ。だからアメリカでもドーナツはOld Fashionと決めている。

そのミスタードーナツが40周年記念として、オールドファッションの殿堂とうたい、過去に販売された復刻版と新作がずらりとのこと。ミスドファンとしては行ってみなくちゃいけない、ということで行ってみた。

100_3561.JPG

すべて100円だ!

100_3562.JPG

以下がラインアップだ。

  • プレーン
  • チョコファッション
  • オールドファッション ハニー
  • オールドファッション 抹茶
  • オールドファッション 抹茶チョコ
  • オールドファッション 抹茶チョコ
  • オールドファッション 珈琲
  • オールドファッション 珈琲チョコ

 

私はプレーンが一番好き。連れは何かにつけ抹茶が好きなので、上のうちから4種類をチョイス。

  • プレーン
  • チョコファッション
  • オールドファッション 珈琲
  • オールドファッション 抹茶

 

それがこれ。

100_3572.JPG

外がサクッと、そしてこの割れ。たまりませんな。珈琲も抹茶も試してみたものの、やっぱりプレーンが一番だった。

ミスド、オールドファッション、最高!

 


nice!(55)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

メルヘンの手作りサンドイッチ [食べ物]

ぷらぷらと浦和方面に出かけた際、お昼をどうしようかと迷ってしまった。めったに浦和には来ないため、なじみのある店はなし。以前、浦和パルコの上にある会議室でセミナーを受けたことがあり、その時、パルコの地下でサンドイッチを売っていて、その場で食べることができたのを思い出し、そのサンドイッチ屋に行ってみた。

そのサンドイッチ屋は「メルヘン」。関東近辺のデパートやショッピングモールに入っている。

100_3560.JPG

ずらりと並んだサンドイッチの中で、海老カツサンド、野菜サンド、タラモサンドをチョイス。

海老カツサンドは、サクッと揚がった海老カツに辛子マヨネーズ。 パンもしっとりした感じで、美味しい。

タラモはタラコとジャガイモをあえたものらしい。見た目が薄いピンク色であるため、単なるジャガイモサラダではないことがわかるが、味におけるタラコの存在感はかなり控えめ。やらしさがない。

野菜サンドは、トマト、レタス、きゅうりのシンプルさ。もうちょっと派手さが欲しいかな。

100_3558.JPG

どれもこれもやさしい味。ここのサンドイッチは工場では作らず、すべて店で手作り。チェーン店ではあるものの、現場で手作りすることにこだわっている。また食べたあとの余韻を楽しめるように全体をまろやかでやさしい味に仕上げている、とのこと。

そのメッセージは十分届いたような気がした。

 


nice!(57)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。