So-net無料ブログ作成
検索選択

活気あるファミレス、王将 [中華]

王子にある王将がリニューアル。それまでは、さほどきれいとは言えない、よくある町の中華料理屋という風情だった。

リニューアルしてしばらくたつのだが、久々に行ってみた。この店は夜になると外で待っている人が結構いる。買って帰る人たちだ。以前よりたくさんの人が待っていたが、リニューアル当初見かけたのは、店に入るのに並んでいる人たちだった。

待ってまで食べるのは嫌だなと思いつつ店に向かったが、幸いにも待ち人おらず、すぐご案内。しばらくすると並んでいる人が出てきたので、単にタイミングが良かっただけのよう。

注文は、グレープフルーツサワー、巨峰サワー、キムチチャーハン、八宝菜、餃子二人前。

100_3600.JPG

100_3601.JPG

キムチチャーハンは思わず食べちゃったので、写真撮るのを忘れてしまった。キムチの赤で色鮮やか。味もまずまず。

餃子はいつもながら美味し。八宝菜はなんとなくよくある八宝菜と違うような気がするが、味は良し。

何しろ驚くのは出てくるまでの時間が短い。作ってないんじゃないの、と思うくらいだ。

リニューアルした後は、店内のデザインというか、座席とテーブル、壁までまるでファミレスのよう。ただ、店員さんが活気があるというか、ある意味騒々しいところだけが違う。

二人で一杯飲んで、お腹いっぱいになってしめて、2000円ちょっと。安いよねえ。


タグ:王将 餃子

有楽町駅前中園亭で酸辣湯麺 [中華]

日比谷で映画を見た帰り、昼抜きで14時ぐらいになってしまったため、近くで遅いランチをとることにした。

連れの仕事場が有楽町駅に近く、たまに行くという中華屋に行ってみることにした。

店は有楽町駅の目の前、1階と2階がある。

100_3487.JPG

いずれもところ狭しとテーブル椅子が置かれている。あまりにも接近しているため、席を立ってもらわないと辿りつけない場所に椅子があったりするほど。

麺系は900円近辺の値段。その中から酸辣湯麺を注文

出来上がるまで、店内をきょろきょろ。古いお店の感じ。不潔というわけではないが、古ぼけたと言う表現が近いような店内。

壁には大きなメニュー。これが不思議。麺系は900円近辺なのに、一品系は1000円を遥かに超える値段がずらり。この店で、こんな値段の料理を注文する気にはちょっとならないが、ひょっとするとすごく美味か、あるいはバリエーションとして出しているものの実はお断り価格にしているのか。

100_3483.JPG

そんな思いをめぐらしているうちに、酸辣湯麺がやってきた。思いのほか美味そう。

酸味も辛味も控えめでマイルドサラサラと食べてしまえる。もっと酸味と辛味が尖った感じでもいいのだが、普通に美味しい。昼の選択肢としてメモしておいてもよさそう。ロケーションが抜群なので、混んでいるかもしれない。

100_3486.JPG

中園亭


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。